プログラマー未経験の30代だけど今更キャリアのリセットしてプログラマ転職成功する方法

プログラマー未経験の30代だけど今更キャリアのリセットしてプログラマ転職成功する方法

20代は社会人として忙しく働いていたけれど、30代に入ってからプログラマーとして働いてみたいと考えるようになったという人は、決して少なくありません。特に近年では、私たちの身近な生活にITが大きくかかわっていますし、スマホでアプリを開発したら大きな利益が出たなんて話も耳にする事があるでしょう。そのため、プログラマーは未経験だけれど30代に入って転職したいという人が急増しています。この年代は、前半と後半によって転職に成功する確率が大きく異なるため、年代別に見ていきましょう。

30代後半からプログラマーは非常に難しい

同じ30代でも、後半になると転職のチャンスはガクンと低くなってしまいます。むしろ無理じゃないかと思います。

この年代になると、社会人としての経験や知識、スキルに専門性が問われるため、まったくの未経験の状態でプログラマーへの転職を希望しても、採用してくれる企業を見つけることは難しいでしょう。もちろんゼロではありませんが、この年代で転職をする人の多くは、管理職への転職など、持っている経験やスキルを活かして更なるキャリアアップ転職をしています。

企業にとっては、未経験のプログラマーを採用するのなら、30代後半よりも20代を採用したほうが人材育成という面でもメリットが大きいため、どうしても30代後半は避けられてしまう傾向にありますね。この点は、あらかじめ理解しておいた方が良いでしょう。

30代後半の未経験者がプログラマーとして転職したい場合には、まずプログラミングスクールに通ったりオンラインでコースを受講したりして、プログラミング知識とスキルを学ぶことから始めましょう。

30代後半で学習を始めた場合は既に周りと比較して10年もビハインドがある状態と考えれば猛烈にスキルを習得しないといけません。

広く浅くではなく、一つの言語でできるだけハイレベルなスキルまで上達した上で、面接の際に面接官に披露できるような作品を作ってみてください。

例えば、スマホで開発したアプリを持参しても良いでしょう。特にスマホのアプリ開発では、iOSの開発によく使われるSwiftはプログラマーが多いのですが、アンドロイドOSの開発に使われるKotlinなら、まだプログラマーの数はそれほど多くないため、30代後半というハンデがあっても採用される可能性は期待できます。

30代後半のプログラマー未経験者が転職する場合、仮に採用されたとしてもお給料の面では現状よりも低くなってしまうという可能性は考えなければいけません。

企業側が未経験可で求人募集を出す場合には、お給料は新卒採用と同じぐらいの金額に設定されていることが多いものです。経験者に限る求人募集や、経験者優遇という求人募集なら、経験やスキルがあれば交渉次第で給料アップが期待できますが、未経験では交渉する余地がありません。夢のためにお給料が低くなっても良いのかどうかという点は、生活がかかっているのでよく考えたうえで決断しましょう。

自分は30代で周囲は皆このぐらいのお給料を稼いでいるから、自分もきっとこのぐらい稼げるはず、と思い込むのは止めましょう。

30代後半になると、その人が持っているスキルや知識、経験値などによって企業で働く際のその人の市場価値は大きく変わってきます。

プログラマー未経験の人は、プログラム業界においては底辺ということになりますよね。しかし、営業職をしていてコミュニケーションにたけているかもしれませんし、管理職をしていればマネジメントやタスク管理能力には優れているかもしれません。もしもプログラマーとして転職することが難しくても、IT業界へ持っているスキルを活かして転職するというだけでも、毎日の生活や仕事にハリが出て楽しくなる可能性はあります。

あとは本当に自分で開発して売上があるアプリやサイトなりを持ってればトータルのスキルを期待して採用してくれる企業もあるかも、ぐらいですね。

30代前半からのプログラマー転職、まだ可能性微あり

30代前半は、また未経験者でもプログラマーとして転職できるチャンスはあります。しかし、まったくの未経験者というよりは、実務経験がなくてもプログラミングの経験があったり、趣味でアプリの開発をしているなど、即戦力として働ける人材を企業は求めています。そのため、プログラミング経験がゼロという人は、少しでも経験やスキル、知識を身に着けるために、プログラミングスクールに通うなどして、最低でも基本的な部分は押さえておきたいものです。

プログラミングのスキルは低くても、実務経験があるというのは採用に近づきやすくなるため、人材派遣やパートなどで働いてみるなど、プログラマーとしての一歩を踏み出すことも切り口の1つです。

正社員として働きたいという目標を持っていても、もしかしたら経験値やスキルが不足しているために正社員での採用は難しいということがあるかもしれません。そんな時には、まずは人材派遣やパートなどで働いて経験値とスキルを高め、その上で正社員として転職をするという方法もアリでしょう。

非正規雇用からの転職でも、あまり頻繁に転職するというのは、企業側にとってはプラス評価となりません。そのため、人材派遣やパートでも、最低2年~3年ぐらいは同じ職場で働くことが理想的ですね。その上で、経験やスキルを生かせる転職先を探すというのが、30代の転職に成功するポイントとなります。

やはり必死になってスキルを身に着けることが前提です。