カテゴリーアーカイブ 未分類

プログラマー未経験の30代だけど今更キャリアのリセットしてプログラマ転職成功する方法

20代は社会人として忙しく働いていたけれど、30代に入ってからプログラマーとして働いてみたいと考えるようになったという人は、決して少なくありません。特に近年では、私たちの身近な生活にITが大きくかかわっていますし、スマホでアプリを開発したら大きな利益が出たなんて話も耳にする事があるでしょう。そのため、プログラマーは未経験だけれど30代に入って転職したいという人が急増しています。この年代は、前半と後半によって転職に成功する確率が大きく異なるため、年代別に見ていきましょう。

30代後半からプログラマーは非常に難しい

同じ30代でも、後半になると転職のチャンスはガクンと低くなってしまいます。むしろ無理じゃないかと思います。

この年代になると、社会人としての経験や知識、スキルに専門性が問われるため、まったくの未経験の状態でプログラマーへの転職を希望しても、採用してくれる企業を見つけることは難しいでしょう。もちろんゼロではありませんが、この年代で転職をする人の多くは、管理職への転職など、持っている経験やスキルを活かして更なるキャリアアップ転職をしています。

企業にとっては、未経験のプログラマーを採用するのなら、30代後半よりも20代を採用したほうが人材育成という面でもメリットが大きいため、どうしても30代後半は避けられてしまう傾向にありますね。この点は、あらかじめ理解しておいた方が良いでしょう。

それでも、というなら30代後半の未経験者がプログラマーとして転職したい場合には、まずプログラミングスクールに通ったりオンラインでコースを受講したりして、プログラミング知識とスキルを学ぶことから始めましょう。

30代後半で学習を始めた場合は既に周りと比較して10年もビハインドがある状態と考えれば猛烈にスキルを習得しないといけません。

広く浅くではなく、一つの言語でできるだけハイレベルなスキルまで上達した上で、面接の際に面接官に披露できるような作品を作ってみてください。

例えば、スマホで開発したアプリを持参しても良いでしょう。特にスマホのアプリ開発では、iOSの開発によく使われるSwiftはプログラマーが多いのですが、アンドロイドOSの開発に使われるKotlinなら、まだプログラマーの数はそれほど多くないため、30代後半というハンデがあっても採用される可能性は期待できます。

30代後半のプログラマー未経験者が転職する場合、仮に採用されたとしてもお給料の面では現状よりも低くなってしまうという可能性は考えなければいけません。

企業側が未経験可で求人募集を出す場合には、お給料は新卒採用と同じぐらいの金額に設定されていることが多いものです。経験者に限る求人募集や、経験者優遇という求人募集なら、経験やスキルがあれば交渉次第で給料アップが期待できますが、未経験では交渉する余地がありません。夢のためにお給料が低くなっても良いのかどうかという点は、生活がかかっているのでよく考えたうえで決断しましょう。

自分は30代で周囲は皆このぐらいのお給料を稼いでいるから、自分もきっとこのぐらい稼げるはず、と思い込むのは止めましょう。

30代後半になると、その人が持っているスキルや知識、経験値などによって企業で働く際のその人の市場価値は大きく変わってきます。

プログラマー未経験の人は、プログラム業界においては底辺ということになりますよね。しかし、営業職をしていてコミュニケーションにたけているかもしれませんし、管理職をしていればマネジメントやタスク管理能力には優れているかもしれません。もしもプログラマーとして転職することが難しくても、IT業界へ持っているスキルを活かして転職するというだけでも、毎日の生活や仕事にハリが出て楽しくなる可能性はあります。

あとは本当に自分で開発して売上があるアプリやサイトなりを持ってればトータルのスキルを期待して採用してくれる企業もあるかも、ぐらいですね。

初心者向けプログラミングスクール

プログラミングスクールと言えば大手がいくつかあるので紹介します。

  • テックアカデミー
    キラメックス㈱という大手で資本金4800万円なので規模は大きいです。学べる言語が一番充実していて講師陣もレベルが高いのが特徴です。
  • テックキャンプ
    社長が若い㈱DIVが運営していて資本金は1億を超えるスクールです。教室もあるので通学することもできます。
  • コードキャンプ
    こちらも資本金1億を超える大手。WEBからデザイン系までカリキュラムが揃っています。エンジニア就職も支援しています。

この3社は規模が大きく今後も伸びていくと予想されます。ブロガーやSNSでもこれらに入会して学習をアピール、投稿している人も多いので人気があることもわかります。元SEでテックキャンプでプログラミングを学習してる人の体験談はここを参考にするとよいでしょう。(https://pg-happy.jp/category/techcamp

独学に比べてスクールはもちろん費用がかかりますが、独学だと時間がかかります。自分が達成したいレベルに到達するためにどちらが学習コストがかからないか考えて学び方を選択してみてください。

30代前半からのプログラマー転職、まだ可能性微あり

30代前半は、また未経験者でもプログラマーとして転職できるチャンスはあります。しかし、まったくの未経験者というよりは、実務経験がなくてもプログラミングの経験があったり、趣味でアプリの開発をしているなど、即戦力として働ける人材を企業は求めています。そのため、プログラミング経験がゼロという人は、少しでも経験やスキル、知識を身に着けるために、プログラミングスクールに通うなどして、最低でも基本的な部分は押さえておきたいものです。

プログラミングのスキルは低くても、実務経験があるというのは採用に近づきやすくなるため、人材派遣やパートなどで働いてみるなど、プログラマーとしての一歩を踏み出すことも切り口の1つです。

正社員として働きたいという目標を持っていても、もしかしたら経験値やスキルが不足しているために正社員での採用は難しいということがあるかもしれません。そんな時には、まずは人材派遣やパートなどで働いて経験値とスキルを高め、その上で正社員として転職をするという方法もアリでしょう。

非正規雇用からの転職でも、あまり頻繁に転職するというのは、企業側にとってはプラス評価となりません。そのため、人材派遣やパートでも、最低2年~3年ぐらいは同じ職場で働くことが理想的ですね。その上で、経験やスキルを生かせる転職先を探すというのが、30代の転職に成功するポイントとなります。

やはり必死になってスキルを身に着けることが前提です。

SEなのにプログラミングは未経験という人、プログラムを学びたいなら

SE(システムエンジニア)とプログラマーの職域は微妙に異なります。

新卒採用からSEの人と、プログラマからSEになった人の違い

プログラマーとしての経験があり、その上でSEになった人と、まったくプログラミングの経験がないけれどSEとして新卒採用された人とでは、システム提案の点で大きな違いがあります。SEとしてシステムを提案する場合、顧客にシステムを提案する時点で、処理速度や反応速度、またセキュリティ面、拡張性などプログラミングに関する部分についても話し合います。プログラミングの知識や経験がないと、こうした部分でどこをどんな風に提案できるのかという点が難しいでしょう。質問に対して即答が難しく持ち帰って回答なんて恥ずかしいことはしたくないですよね。

またSEは、顧客に提案した案件を自社に持ち帰り、プログラマーたちが具体的にどんなシステムを構築するのかという点を話し合います。その際に、プログラミングの経験があるSEなら論理的思考能力があるので、プログラマーが作業しやすいシステムを提案できますが、プログラミング未経験の新卒採用SEの場合には、思考回路がどうしても営業という立場になってしまい、プログラマーたちにとっては作業がしづらい環境を作り出してしまう可能性があります。またプログラムを含めて緻密に工数を算出するのが出来ないと不幸なプロジェクトになりかねません。

そのため、seとして新卒採用された人材でも、最初の数年間はプログラマーとしてプログラミングの経験を積むことを求める企業が多いですね。

プログラミングができないSEは不利

seの職務には、顧客へ案件を提案するというだけではなく、システムの設計やプログラミング、タスクマネジメント、そして作動テストまで案件全般に及びます。プログラミングの知識と経験があるSEなら、顧客に案件を提案する時点で、頭の中で具体的にこんなシステムにできるのかなという漠然としたイメージを描くことができますが、プログラミング経験がないSEでは、それができないので不利になります。

新卒採用でSEとなった人材なら、企業がプログラミングスキルや管理能力に至るまで、時間と費用をかけて育成することを前提に採用しているため、長い年月をかけて知識も経験もあるSEとして成長できるでしょう。しかし中途採用でSEとして転職したい場合には、プログラミングができることは大前提になっていることが多く、プログラミング経験のない人は、いくらSEとしての経験があっても採用されることは難しいかもしれません。

プログラミングが出来ないSEは会社として顧客との折衝でも不利、また個人の市場価値としても不利になる可能性が高いです。

もしもSEとして働きたい人や、すでにSEとして採用されたけれどキャリアアップという点で伸び悩んでいるという人は、プログラミングについての知識やスキルを見直してみることをおすすめします。プログラミングもできるSEになれば、市場のニーズはグンとアップすること間違いなしでしょう。

プログラミングを学ぶSEが増えてる

プログラミングを全く知らないのでは、SEとしてキャリアアップはあまり期待できません。そのため、プログラミング未経験でも新卒SE採用された人の中には、スクールに通ったりしてプログラミングの知識やスキルを勉強する人が増えています。働きながらプログラミングを学ぶ場合、限られた時間の中で効率的に勉強することが必要不可欠なので、独学よりはスクールに通ったり、オンラインのクラスを受講するなど、効率的にポイントを押さえた学習ができる方法を模索すると良いでしょう。

企業によっては、従業員向けにこうした自己啓発やキャリアアップにつながるアクティビティについては、経済的な援助をしてくれる制度が整備されている所がたくさんあります。まずは企業からのサポートを受けられるのかどうかをチェックした上で、ライフスタイルに合わせて学びやすい方法で勉強する体制を整えたいですね。

プログラミングを学ぶ、何から取り掛かる?

プログラミング言語と言っても、その種類はたくさんあります。スマホのアプリ開発に使う言語もあれば、Windowsのアプリ開発に良く用いられるものもありますし、難易度もそれぞれ異なります。いくらSEとして働いていても、プログラミングの経験がない人がいきなり高度な言語に挑戦しても、挫折するのが目に見えていますよね。だから、最初はまず、初心者向けで学習しやすい言語から選ぶのがおすすめです。

現在すでにSEとして働いているのなら、携わっている案件があるかもしれません。実務と関係のある言語を学んだほうが、モチベーション的にもアップしやすいですし、分からない点などは周囲の先輩たちに質問しながらプログラミングスキルを高めることも可能です。

そのため、言語選びではまず、実務に関係があるものを選び、基本的な部分から勉強してみてください。また、もし時間があれば、プログラマーが実際にコーディングしたプログラムを見せてもらい、どんなふうにコーディングしたら良いのか、その技術や洗練された作り方などを勉強するのも良いですね。

もしも、実務で携わっている言語がない場合には、興味がある言語を選ぶと良いでしょう。その中でも、スマホ開発に使うプログラミング言語などは、趣味の延長で学習できるだけでなく、アプリを開発すれば副業として収入を得られるという特典もついているのでおすすめです。

最近は独学できるサービスがあります。ProgateとかDotinstallとかで学習してみるとよいでしょう。

SEでプログラミングスクールを受講するなら?

昨今プログラミングの学習環境が非常に整っていてスクールも開講されています。独学とは違いサポートや質問に回答してもらえるのが特徴です。問題やエラーに直面したときに聞ける環境があるのは学習効率が良いです。スクールはWEBで完結するスタイルなので教室まで足を運ばずに自宅でskypeを使ってアドバイスをもらうことも出来たりします。

未経験からでも習得&なりやすいのはWEBプログラマー!その理由、仕事内容、平均収入、必要なスキル

プログラマーと言っても、どんな言語でどんな開発に携わるのかは多種多様です。これまでプログラマーとして未経験の人にとっては、いきなり真っ黒な画面でひたすらコーディングをするタイプのプログラマーでは、ハードルが高いかもしれませんよね。

初心者に人気があり、難易度的にもそれほど高くないのは、WEB系のプログラミング言語です。そのためでしょうか、近年ではWebのニーズが高まると同時にwebプログラマーのニーズも急速に高まり、習得すると即戦力として働ける転職先を見つけやすいようですね。

webプログラマーには、実際にユーザーが目で見えるフロントエンドと呼ばれる部分と、ユーザーからは見えない裏側のサーバーサイドとがあります。初心者の場合、目で確認しながら楽しく学びたいという人が多く、フロントエンド系のプログラミング言語が人気となっています。

webプログラマーが人気の理由は他にもあります。それは、実務以外でも趣味としても活用できるスキルだからという点です。webプログラマーとしてのスキルを身につければ、個人ブログでもプロレベルの質で作成できるなど、仕事を離れた場所でも使い勝手が良いという点は、これからプログラマーになりたい未経験者にとってwebプログラマーが人気の理由と言えるでしょう。

WEBプログラマーの仕事内容

webプログラマーは、プログラマーの中でもWEBに関係するアプリやシステムの開発に携わっています。主にホームページ制作に代表されますが、その中身は様々です。コーポレートサイト、商品販売のためのECサイト、企業のオウンドメディア、WEBを使ったマーケティング、集客用のサイト制作など多様です。

それだけではありません。私達エンドユーザーがWEBを開くと、動画が表示されたり、カーソルを合わせるとアイコンの色や形が変わるなど、魅力的なWEB表示になっているサイトはたくさんありますが、そうした動的な機能をWEBに付加させているのも、すべてWEBプログラマーのお仕事です。

また、オンラインショッピングサイトで申込書を記入すると、内容が暗号化されてサーバーへ送られたりするのもwebプログラマープログラマーが大きく関係していますし、FacebookやTwitterなどのSNSにおいても、webプログラマーが大きく携わっています。普段、エンドユーザーが何気なく使っているWEBサイトに表示される一つ一つのオブジェクトや機能は、すべてバックグラウンドでWEBプログラマーが何をどんな風に表示するのか、またどんな順番で表示するのかという点をコーディングしているというわけですね。

気になるWEBプログラマーの平均収入

webプログラマーの平均的な年収は、もちろん雇用形態や企業、働き方によって異なりますが、大体350万円~500万円程度となっています。あくまでこれは平均で、ハイレベルなスキルを持つプログラマーになると、年収1000万円を超えるというケースもたくさんあります。特にフリーランスで働くWEBエンジニアであれば年収800~1000万は届きやすいでしょうし、複数の業務を掛け持ちすることもできます。

平均年収を男女別にみると、男性は平均425万円で女性は平均370万円となり、男性の方が若干高めです。これは、男性は年齢とともに管理職へのキャリアアップやステップアップをする人が多く、その際に年収もアップするという理由があるようですね。

また、女性の場合には、結婚や出産をきっかけにフルタイムの仕事を辞めてパートになったり、家庭と仕事を両立するために労働時間を短く抑えるなど、ライフステージの理由で年収が男性ほど高くはなりにくいのかもしれません。WEBプログラマーの場合には、男性だから出世しやすいとか、女性だから給料が低いということはなく、実績が年収にも反映されるIT業界で働く人材です。知識やスキルをアップすれば、女性でも年収1000万円超えの管理職になることはもちろん可能ですよ。

WEBプログラマーに必要なスキルとは

WEBプログラマーとして働くためには、いくつかの必要なスキルがあります。

言語でいえばHTML、CSS、Javascriptこの3つは習得していて当たり前なスキルと言えます。後は作るシステムやサービス、企業ごとに言語が違うのでRuby、PHP、Java、あたりからが入りやすいでしょう。あとはDB連携はほぼ必ずやらないとなのでMySQLが扱える事、SQL文が書けないと話になりません。

性格的に求められるスキルとして1つ目は、一人で作業をする事が苦痛でないというスキルですね。(スキルなのか?)プログラマーはWEBプログラマーに限らず作業は一人でパソコンに向かってコツコツとコーディングをしていくため、同僚とワイワイ話しながら作業をする事はありません。1人で集中して作業することが得意というのはこの仕事の素養があると言えます。

コミュニケーションスキルも必要です。実際の作業をするのは一人でも、プロジェクトにかかわる人と進捗状況や疑問点についてコミュニケーションを取る事は日常的に必要です。分からないところはうやむやにせずに、しっかりとコミュニケーションが取れるスキルを身に付けなければいけません。

また、WEBプログラマーには新しいことに挑戦するというスキルも求められます。プログラミング言語はしばしばバージョンアップされ続けていて、どんどん世の中には新しい言語が作り出されてきます。一つの言語を習得したからと言って満足せずに、新しい言語を取り入れてよりよいシステムを作り上げる意欲ややる気を持っていることもまた、WEBプログラマーに求められるスキルと言えるでしょう。

未経験採用でプログラマーになれたけど、もう辞めたい、どうする?

未経験でも念願かなってプログラマー職に就いたけれど、実際に働いてみたらこんなはずじゃなかったということは誰にでも起こり得ます。転職前にいろいろとリサーチをしても、採用されて実際に働き始めてからでなければ、労働環境や職場の人間関係や雰囲気などはわかりませんよね。ここでは、プログラマーが仕事を辞めたいと思う理由をいくつかご紹介しましょう。

激務 多くのプログラマーが辞めたいと思う理由の一つに、激務な労働環境があげられます。例えば残業時間が想像以上に多かったり、休日出勤が多かったりすると、疲れていて休みたくてもなかなかリラックスできる時間を確保できず、疲労がどんどん蓄積されてしまいます。プログラマーのお仕事が全て激務というわけではありませんが、人材不足の企業などは一人のプログラマーにのしかかる仕事の量が多くなりすぎてしまうリスクが考えられるので気を付けたいですね。
給料が低い 労働時間に対して受け取るお給料が低いと、やる気とモチベーションが下がってしまうかもしれません。基本給に関しては、転職前にリサーチすることができますが、残業代や休日出勤代、そしてボーナスや昇給に関してもできれば事前に調べておいた方が良いでしょう。プログラマーの残業代については、企業ごとに対応が異なります。もしもお給料面が心配な場合には、面接時にそうした点を質問してみると良いでしょう。
やりたい技術、言語じゃない プログラマーと言っても、取り扱う言語は多種多様です。自分で特定のプログラミング言語をやりたいという希望がある場合には、求人募集でその言語を取り扱えるプログラマーを探している企業を探すと良いでしょう。ただ漠然とプログラマーを募集というのでは、採用されてから具体的にどんな言語や技術が必要になるのかは分かりませんよね。企業ごとにどんな案件を取り扱っているのかが異なるため、もしもぼんやりとでも技術や言語についての予測を立てたい時には、その企業の過去の案件実績などを見たり、面接の際に質問するのがおすすめです。
今の会社じゃスキルアップが望めない プログラマーは、経験やスキルをアップするための転職をする人がたくさんいます。せっかくプログラマーとして業務に就いたものの製品リリース後は保守・運用に回されてあまりコーディングに携われなくなることもしばしば。保守・運用は何年も続きますので異動願いを出すかリーダーになって業務の大半を部下に任せるようにすれば自分は次の畑を探しにいけるのですが。それが難しい部署だと辞めたくもなるというもの。
上司や人間関係 上司や同僚との人間関係は、その職場の働きやすさや雰囲気に直結します。どんなに仕事の内容が面白くても、人間関係が悪ければ働きづらいなと感じるでしょうし、逆に人間関係が良い職場なら、仕事にも前向きに取り組むことができ、仕事に集中できるでしょう。企業によっては職場見学などに対応している所もあるので、実際の職場を目で観察しながら、働きやすそうかどうかを判断したいですね。
プログラマーが向いてないと思った プログラマーになりたいと憧れていたのに、実際に働いてみたら自分には向いていなかったと感じる人は少なくありません。例えば、IT業界が時代の先端だと思って転職してみたけれど、自分はもともとパソコンが好きではない人とか、英語や数学などが大の苦手という人にとっては、プログラマーというお仕事は難しいでしょう。また、面倒な作業や細かい作業が苦手だったり、一つのことに集中するのが苦痛という人も、もしかしたらプログラマーには向いていないかもしれませんね。向き不向きが心配な人は、転職前に自分でプログラミングスクールに通ったりして、プログラミングを少しでも経験することをおすすめします。そうすれば、転職した後に「こんなはずじゃなかった」という事態を避けられるでしょう。

未経験からプログラマーに採用されたけど辞めたいと思う人の多くは環境以外の自分に理由があるんだとしたら「未熟」「甘え」なんじゃないかと思います。事前にどんな仕事なのかリサーチ出来てなかった、研修の時に難しさに気づいて挫折しそう、OJTで仕事を始めたけど自分で調べろと言われる、なんかよく挙がる理由ですね。

自分の人生のなかで仕事を探す、決める、就くというのは大きなイベントの1つです。これからの生活や生涯どんな仕事をしていくか、あるいは家族を巻き込むような出来事です。それでせっかく就いた仕事を辞めたいというのは自分の見通しや根性を改めた方がよいかもしれません。

逆に環境要因で職場がブラックだとか、人間関係が駄目とか、そういう理由であれば転職を考えた方が良いです。

プログラマーに向いている人が持つ素質ってあるの?

プログラマーは集中力が必要なお仕事ですが、集中力以外にもたくさんの素質が求められます。例えば、論理的な思考ができる能力や、ソースコードのフローをPCあるいは紙面に手書きして周りと共有するなどの共同作業も必要です。長時間の労働や残業などにも耐えられる体力などは、持っていたほうがプログラマーとしては向いていると言えます。また、プログラマーのお仕事は、普段はパソコンとにらめっこして一人で作業をしますが、エンジニアやほかのプログラマーとのコミュニケーションも欠かすことができません。そのため、コミュニケーション能力も持っていたほうが、この仕事には向いていると言えるでしょう。

いつまでにどんなプログラマーになるのか

ただ漠然と「プログラマーになりたい」というだけではなく、実際にプログラマーになったらどんな風に何を作ってみたいのか、という点を具体的にはっきりさせることで、自分がプログラマーに向いているかどうかを見極めることができます。転職先選びにおいても、自分が何をしたいかによって企業の選び方は変わりそうですね。

プログラマー辞めたいなら異業種、異職種転職を

もしもプログラマーに向いていないなと思っても、まずは働き方を工夫しながら頑張ってみましょう。もしもそれでも向いていないと思ったら、異業種も含めて転職を考えても良いかもしれませんね。どの業種でも、年齢が高くなると転職は難しくなるため、その点も考慮しながら仕事探しをしてください。

またいっそのことプログラマーという職種を辞めて次のフィールドを探すことも場合によっては悪くありませんが。あまり計画性が無いのは考え物ですよ。

未経験でもなれるプログラマーの求人なんてあるの?採用の確率を上げるには

プログラマーの人材不足につき

現在、私たちの日常生活のいたるところにIT技術が活用されていますが、その便利な生活を支える陰には、かならずプログラマーの存在があります。今後もますますIT化が進むことが予想されているため、プログラマーのニーズは高まり続けています。企業にとっては、即戦力となるベテランプログラマーを採用したいところですが、ニーズがとても高い職種で人材が追い付かないことは多く、そのために未経験者でもやる気があれば採用しますという企業もたくさんあります。

これからプログラマーとして働きたいという人は、たくさんの求人募集があるので何をどんな風に選べばよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。多くの求人募集の中でも、条件が良いお仕事は経験者が多く応募することが考えられるため、未経験者が採用されるためには、競争相手が少ない求人募集を狙うのが良いでしょう。まずは実際にプログラマーとして働いてみて、経験値や知識、スキルを高めたうえで今度は経験者として転職すればよいのです。

未経験で採用される求人があるのか

プログラマーとして働いた経験がないというだけでなく、プログラミングをした経験もないという完全未経験者でも、プログラマーとして採用してもらうことは可能です。しかし、これは企業が人材育成する価値があるなと判断した場合に限るため、年代で言うなら20代の転職者が多いですね。また、プログラミング言語の中には難易度がそれほど高くはなく、未経験者でもやる気があれば短期間で即戦力となるレベルまで上達できるものもあります。そのため、完全未経験者でも独学などでそうした初心者でも勉強しやすいプログラミング言語を学んでおくことをおすすめします。

企業の中には、完全未経験OKな求人を出す会社があります。これは、真っ白な状態からプログラマーとしての人材育成をしたいという企業が見られ、プログラマーとして変なクセがついてしまう前の人材を採用しようということなのでしょう。その場合でも、独学などでプログラミング言語に慣れ親しんでおくことは悪いことではありませんし、マイナス評価されることはないので安心してください。

何言語プログラマーなら未経験OK求人があるか

プログラマーと言っても、どんなプログラミング言語を使うのかによって、その難易度や開発アプリ、プロジェクトの規模などは大きく異なります。その中には未経験者でも時間をかけずに習得できる言語もあるため、そうした言語を使って開発を行うタイプのプログラマーなら、転職しやすいでしょう。

未経験者でも比較的求人が出てるのは、WEB系のアプリを開発している企業で、使用する言語にはHTMLにCSSからJavaScriptやRuby、PHPなどがあります。もちろん、これらの言語も完全にマスターするには奥が深いので時間がかかりますが、未経験者でも学習しながらそれなりのコーディングができるという点で、求人が見つかりやすいと思います。

面接で採用担当が見るポイントは様々

企業の採用担当は、これまでにたくさんのプログラマー志望者を見ていますし、実際に採用した後にその人材がどんなふうに企業の中で活躍できるのかという点なども予想するプロの目を持っています。プログラマーになることを希望する未経験者でも、採用担当の目にかなう人はたくさんいますから、決して未経験者だから転職できないということはありません。

それでは、採用担当はどんなところを見ているのでしょうか。

現場の採用担当者が見るポイントとしては未経験者でもプログラミングに対する熱意ややる気を感じ取ることができれば、採用に近づきやすくなります。文系や理系という点よりも、プログラミングは常に新しいことを覚えようという熱意を持っていなければ、プログラマーとして働き続けることは難しいでしょう。そのため、プログラミングに対する情熱ややる気、そしてストレスや困難にも負けない根性があるかどうかという点をチェックすることになります。

また2次面接に進んだらその人材が企業の社風に合っているかどうかという点をチェックします。採用すればその人は社員の一人となるわけで、他の社員たちと一緒にプロジェクトに携わることになります。自分にとってその人と一緒に働きたいかどうかという点は、採用担当が最初にチェックする点ですね。

ブラック企業は避けたい

プログラマーを採用している企業の中には、優良企業はたくさんあります。しかし同時に、劣悪な労働環境で違法なまでの残業時間を強いるブラック企業が存在することも確かです。プログラマーを使う企業はたくさんありますから、その中から優良企業を選ぶことは、転職希望者が最初に乗り越えなければいけない壁なのかもしれませんね。

優良企業を探す際には、いくつかの方法があります。まず、優良企業でなければ登録できないような転職斡旋サービスを利用するという方法です。こうしたサービスでは、ブラック企業は登録できないシステムとなっているだけでなく、転職活動の全てを通して、プログラマーの転職に精通したプロがサポートしてくれるので安心ですね。また、その企業の離職率をチェックしたり、求人募集がどのぐらいの頻度で出されているかという点をリサーチするのも良いでしょう。

20代未経験からプログラマーになる方法と手順

未経験でも20代なら転職のチャンス

プログラマーの仕事に限らず、20代という年代はどんな職業でも未経験のお仕事へ転職しやすく、転職という点では理想的な年代と言えます。学校を卒業してすぐに就職をする新卒採用の場合には、プログラマーとしての経験がゼロでも採用してもらうことは可能です。しかし一度社会人として働いてしまうと、新卒採用では転職することができないため、経験者として中途採用の枠で転職活動をしなければいけません。そうすると、プログラマーとしての経験がないとなかなか採用には結び付きにくくなってしまうのです。

20代でプログラマーとして転職したい場合には、年齢が高くなる前に積極的に転職活動を始めることをおすすめします。まったく経験がなく、プログラミングをかじったこともないという場合には、未経験者でもOKという求人情報を見つければよいですが、転職成功率をアップするためには、転職に向けてプログラミングスクールに通うとか、オンラインでクラスを受講するなど、プログラミングの学習をスタートするのがおすすめです。むしろその熱意が無いと見透かされてしまいます。

こうしたクラスの中には、短期間でも効率よく勉強できるカリキュラムが組まれているものがたくさんありますし、未経験者でも理解しやすい内容にまとめられています。

プログラマーになる学習環境が良いのも20代ならでは

20代という年代は、社会人にいなってまだ長い年月がたっておらず、転職希望者がどの企業のカラーにも染まり切っていない状態です。しかし、一度社会人として働いた経験があるということで、社会人として基本的なマナーなどを教育する必要はありませんよね。そのため、20代転職者を採用する企業にとっては、人材を育成して一人前のプログラマーにするための学習環境を提供するところもあるのです。

また、20代で転職することは、転職者にとってもメリットがあります。それは、年代的にまだ結婚したり家庭を持っていない人が多く、空いている時間を利用してプログラミングの勉強をしやすい環境にあるという点があげられます。家庭を持っていると、子供の面倒を見ることなどが忙しかったりして、集中してプログラミングの学習に取り組めないということは珍しくありません。

そうなる前の段階なら、自分の空いている時間を思う存分に投資して、プログラミングのスキルを学習できるでしょう。また、プログラミングスクールに通っても、時間や費用面では20代の方がフレキシブルな部分が多い点も、この年代のメリットの一つと言えます。

これぞ必須スキル?プログラマーになるために

20代で未経験者でも、プログラマーになることは可能です。そのためには、まずプログラマーとして採用されることが必要となりますが、未経験者の場合には経験者と同じ土俵で戦っても勝率は高くないので、求人募集を探す時には未経験者可のお仕事を探す事になります。

未経験者可のお仕事は、プログラミングの経験がなくても採用してもらうことができます。しかし、まったく経験がなく齧ったこともないという人よりは、プログラミングスクールに通ったりして必要なスキルを学習中という人の方が、企業にとっては採用しやすいですよね。そのため、転職に際しては、自らプログラミングスクールに通うなどして、実務に直結するプログラミングスキルを基本的な部分だけでも習得しておくことをおすすめします。

スクールによっては自作のアプリを完成させる所までカリキュラムに入っている教室もあるので、そこで自作アプリを完成させ転職先に見せるPR材料にすることもできます。

20代でプログラマーとして転職する際に求められるスキルは、プログラミングスキルだけではありません。プロジェクトに携わる際には他人とコミュニケーションを取る事が必要なので、一定レベルのコミュニケーションスキルは必要ですし、プログラムをコーディングする際には、仕様書や設計書を見てコードに落とす力や論理的思考能力も必要不可欠です。また、エンジニアから渡された仕様に基づいて流れるような美しいプログラムを構築するためには、頭の中で想像力を働かせながら、そのプログラムをイメージできる想像力というスキルも必要となりますね。

仕様や設計の不明点はうまくヒアリングしたり、プログラミングにおける疑問はWEBや英語のサイトを見て自己解決できる力、これもスキルと言えます。

独学でプログラマーになる事は可能か

プログラマーになるためには、未経験者ならプログラミングスクールに通ったほうが、限られた時間の中で効率的に勉強できます。しかし、趣味でプログラミングをしている人だと、あえてスクールに通わなくても独学で学べるということもあるでしょう。独学でプログラマーになることは、スキル次第では十分に可能ですが、転職に成功するためには、自分が作成したプログラムや作品などを面接の際に持参して、面接官に評価してもらうぐらいの意気込みがあると良いですね。

まったくの未経験者が「独学で学んでいます」と言っても、面接官にとっては具体的にどんな言語をどんなレベルで習得しているのかは把握しにくいものです。何か目で確認できるものがあったほうが、面接官を納得させられますし、採用にも近づきやすくなるでしょう。その際には、即戦力となるぐらいのスキルレベルを披露できることが理想的です。

新卒採用でプログラマーになるための方法と、社会人1年目にすべきこと

大学生や専門学校から新卒でプログラマーとして採用されるためにどうすべきかをナビしていきます。

新卒でプログラマーになる方法

新卒でプログラマーになる方法は、大きく分けると3通りあります。

  • 1つ目は、就職活動をして新卒採用されるという方法
  • 2つ目は、アルバイトやインターンなどからスタートして将来的に採用されるという方法
  • 3つ目は、プログラマーやエンジニアを多く取り扱う人材派遣会社に登録して経験を積む

という方法です。新卒の採用の場合、みな社会人としての経験はゼロなので同じスタート地点にたてるというメリットがあるほか、プログラマーとしての実務経験は問われないのでプログラミングの経験がない未経験者にとっても、採用されやすいという大きなメリットが期待できるでしょう。

ところでプログラマーになるには大学卒でも専門学校卒でも問題ありません。「文系出身で経験なしで育ててください」みたいな人じゃなければ大丈夫。理系で情報系の学科を出てればベストですし昨今は授業の中でプログラミングを使う科目もあるので、選択して履修しておけば多少のノウハウと知識はつくはずです。専門学校はIT系専門があるので、そこ出身なら企業側も採用に前向きです。

プログラマーという職種の特性上、まだ単価が安い傾向があるのと人材不足なので採用して育てようという企業も見られます。新卒採用でプログラマーになるのは難しい話じゃないと思いますよ。

アルバイトやインターンなどからスタートして最終的には正社員として採用されるという方法は、プログラマーとしての経験を積むという面では大きなメリットが期待できますが、学生の夏休みなどにアルバイトやインターンとして働くのが理想的です。

その理由は、卒業してからアルバイトなどの非正規雇用で働いてしまうと、新卒採用ではなくて社会人向けの転職者という枠で仕事探しをしなければならなくなってしまうからです。(既卒や第二新卒などと言われます)

転職者の枠になると、経験がとても重要視されるため、プログラマーとして経験が浅い人にとっては不利になりますね。そのため、もしもアルバイトやインターンなどを経験した上でプログラマーになりたいという人は、学生の夏休みを利用して、そうしたプログラムに参加することをおすすめします。

新卒プログラマーとしての求人を探そう

新卒プログラマーの求人は、就職活動をする中で見つけることができます。近年では新卒の就職活動でもネットを活用することが多いため、プログラマーという職種で求人募集を出している企業を検索して絞り込み、応募すると良いでしょう。リクナビとかマイナビを使えばよいです。

新卒の場合、プログラマーとしての経験値はそれほど問われることはありませんが、それでもプログラミングの経験があるという人は採用に近づきやすくなることは間違いありません。そのため、まったくの未経験者というよりは、自分でプログラミングスクールに通ったりして、基本的な知識やスキルを身に着けておいた方が、新卒プログラマーとして採用されやすくなりますよ。

また、新卒の就職活動では、どうしてもお給料や待遇が良い企業や、名前が良く知られている企業などを選びがちです。もちろん、そうした企業に応募しても良いのですが、給料や知名度などが高くなればなるほど、同じ新卒でも高学歴な理系の人材、そしてプログラミングの経験が豊富な人材がこぞって応募してくる可能性があることは、あらかじめ理解しておきましょう。

狙い目は大手や上場企業の子会社でシステム開発のみを担ってる子会社とか、そこの下請け企業を探すとわりと安定して仕事にありつけます。下請けになると福利厚生がショボい場合もあるので出来れば大手の子会社クラスですね。

プログラマーになるために必要な資格はあるの?

新卒プログラマーになるには、持っていなければならないという資格はありません。新卒の場合に限らず、プログラマーは文系や理系に関係なく採用してもらうことができますが、企業によっては採用試験として基本的な数学の試験を行ったり、また実際にどんなプログラミング言語に精通しているかという点も採用の際に重視することがあるので注意したいですね。

持っていなければ採用されないという資格はありませんが、プログラマーに関係する民間の資格はたくさんあります。そのため、プログラマーとして採用されたい人は、時間を見つけてそうした資格を取得するという方法がおすすめです。こうした資格は、自分のプログラミングに対する情熱ややる気を面接官に伝えられるだけでなく、これからプログラマーとして働く自分にとっても基本的な部分を勉強して慣れるという点でも大きなメリットが期待できます。学習して取得資格が、採用された後の実務に生かせるかどうかは分かりませんが、持っていて損をする事はないでしょう。

新卒採用の場合には、資格よりも大切な条件があります。それは、ある程度のコミュニケーション能力、論理的思考力、そして体力がある事という点です。プログラマーのお仕事は、納期が迫ると残業や休日出勤が多くなるので体力があることは大前提ですし、実際の職務はパソコンとにらめっこでも、プロジェクトに携わるのでエンジニアや他のプログラマーたちとのコミュニケーションを欠かすことはできません。新卒採用の面接では、そうした本人の素質がチェックされると考えても過言ではないのです。

プログラマーの仕事内容をおさらいしておこう

プログラマーのお仕事は、エンジニアが作った仕様に基づいて、一人で黙々とソースコードを構築していくというお仕事になります。一日中パソコンとにらめっこしながら作業をする事が多いのですが、コーディングはわずかなエラーでも作動しないため、集中力が求められるお仕事と言えるでしょう。

また、仕様に基づいてソースコードを作成する際には、論理的思考を持っていることも必要です。頭の中でプログラムの流れを思い描きながらコーディングをするため、想像力が豊かであることもまた、プログラマーの仕事の一つと言えるでしょう。また一方で頭の中でよりも紙に出して共有したり一覧性のある状態で俯瞰して作る方が良いと思いますが。

その他、自分が構築したシステムを他のプログラマーが作成したものとつなぎ合わせ、最終的にシステムが正常に作動するかどうかのデバッグを行います。ここでエラーが出たら、それを修正するのもプログラマーの仕事内容ですね。

新卒プログラマーが1年目にした方がよい事

社会人1年目といと右も左もわからないでしょう。用語も飛び交うしその会社の慣例などもあるでしょう。会議に出ては議事録を書かされたり。プログラミング以外の雑務もこなさないといけないかもしれません。

そんな中で1年目にしておいた方が良いのはどうあってもプログラミングを仕事内で実践し自分の力で1つのモノ(あるいは任されたファンクション)を実装することです。

学習や独学では直面することのできないたくさんの問題、エラーと直面します。また本番環境での動作不具合や運用時の注意点、その他多くの失敗を経験するでしょう。それらに気を病んで辞めたいなどと思わないことです。

プログラミングという仕事で生涯頑張ることを誓ったわけですから、そんな小さな石ころで躓いてちゃだめです。この仕事を醸成させれば「自ら稼ぐ力」が身につくはずです。例え会社からリストラされても他の企業に雇ってもらったり、あるいは自分でサービスを生み出す力も身に付きます。

とても未来明るい仕事なので挫折することなく頑張る事。これが1年目にやることです。

未経験だけどプログラマーへの転職希望、面接対策や志望動機どう作る?

プログラマーの仕事に限らず、どんな仕事でも転職をする際には面接試験があり、そこで志望動機は必ず聞かれます。心の中で考えている志望動機を正直に面接の際に言う場合、どうしてプログラマーになりたいと考えるようになったのかというきっかけを述べる人がとても多いのですが、採用に近づくためには過去のキッカケではなく、今後自分がどんなプログラマーになりたいのか、将来の展望を述べる方がおススメです。

そう言われると、何を述べたら良いのか分からないという人は多いですよね。

  • その企業でどんな風に活躍したいのか
  • そんな風に考えるようになったきっかけ
  • そして今後の目標は何か
  • 現在その目標に向かってどんな努力をしているのか

という点を述べることができれば、面接担当も納得してくれるでしょう。この時、壮大なスケールの目標や野望などを語る必要はなく、身近なところで自分に起こったエピソードなど、具体的な話を混ぜながらアピールすることが大切です。面接での応答は口頭なので、話をまとめて分かりやすく端的に話せるように準備しておきたいですね。

未経験や文系からプログラマを始めエンジニアに転職する場合の志望動機

プログラマーとしての経験がない未経験者の場合、そしてプログラミングが得意ではないというステレオタイプな目で見られがちな文系の場合でも、面接での志望動機次第では、採用に近づくことは十分に可能です。

これまでにプログラマーとしての実務経験がない場合には、プログラミングについての知識や展望を述べても、採用担当にとってはあまり現実味を感じられません。そこで、実務経験はないけれど自分にはやる気や熱意があるという点を伝えることによって、採用担当の心に訴えかけてみてください。

また、実務としての経験がなくても、現在プログラミングスクールに通っていていくつかの言語を学習していることをアピールしても良いですし、何か採用担当に見せることができる作品などがあれば、ぜひ持参してください。

未経験からIT企業へ転職する場合には、具体的なスキルや知識をアピールするよりも、自分が持っている素養をアピールしたほうが採用につながる可能性は高くなります。例えば、過去の職歴や仕事などでリーダーシップを取っていたり、問題を解決するために尽力することが好きだという素質などは、企業の中で働く際にもプラスとなりますよね。

そうした点は採用担当に評価してもらえるので、採用につながりやすくなるでしょう。

ちなみに30代、40代で転職を考える方も少なからずいらっしゃいますが、未経験だとほぼ無理といって間違いないと思います。

職種とその企業への志望の動機

これまでIT業界とは全く関係ない業界でしか働いたことがない人にとっては、面接の際に「どうしてIT業界で働きたいのですか?」という質問をされることは、事前に簡単に予想できるでしょう。

なにせ今までのキャリアや職歴を捨ててリセットしてITに行く訳ですから人によっては「計画性が無い人なのか?」とも捉えられかねません。

面接ではどのような質問をされるのかは分かりませんが、志望動機は転職者に対しては必ずする質問の一つなので、あらかじめ採用担当を納得させられる理由は準備しておかなければいけません。

志望動機の例

なぜIT業界なのかという点についてですが、壮大なスケールの展望を語る必要はないので、自分の身の回りのエピソードなどを交えて簡潔に分かりやすく説明したいですね。

「今は不動産業で働いてるけど、家族もできてより収入を得たいと思っている。業務は未経験だけど自作のアプリを公開して使ってもらい売上にもなっている。さらに技術を高めたいしUIや販売の仕方で貢献できるかもしれない。」

とか。

「いままで派遣で働いてきてフラフラしてたけど元から好きだったITの人材不足ということで、本気でこの業界で生涯生計を立てたいと思ったのでスクールに通いながらプログラミングを学習している。業務経験は無いけど体力も熱意もあるので徹夜でもどんとこい。」

とか。「あーこの人本気やな」と思ってもらえる熱意を表現しましょう。

また、他の企業ではなくどうしてその企業なのかという点も、もしかしたら質問されるかもしれません。その際にも、あえてIT業界の用語を使って説明するよりも、自分の言葉でしっかりと思いを伝えたほうが、採用担当の心には響きやすくなりますよ。

企業に対する志望動機を述べる際にはその企業ならではの部分と自分の生き方や価値観をリンクさせるのが一般的な手法です。じゃないと「同業他社でいいじゃん」なんて言われかねないですから。

また、どのような志望動機でも、漠然とした言葉でオブラートに包んだような話し方では、採用担当の印象には残りません。できるだけ具体的に分かりやすく説明をしたほうが、採用担当を納得させることができますし、熱意や情熱を伝えやすくなるでしょう。

志望動機の前段階として自分の人生設計と仕事への向き合い方から考えていくと、なぜITなのか、なぜプログラマーなのかを導きやすいはずです。

プログラミングの勉強をしてなかったら嘘だよ

完全未経験者でも、プログラマーとして採用してもらうことは可能です。しかし、プログラミングが何かも知らない全くの素人よりは、自分なりにプログラミングを少し勉強していますという人の方が、企業にとっては好印象であることは言うまでもないでしょう。プログラミングスクールに通ったり、オンラインの講座を受講するなど、できることはたくさんあるので、少しでも転職に成功する可能性を高めたい場合には、事前にプログラミングの勉強をする事から始めてみてはいかがでしょうか?

プログラミング言語にはいろいろな種類があり、初心者でも簡単に学べるものもたくさんあります。特にWEB系の開発言語は難易度がそれほど高くないので、未経験者がスタートするには理想的かもしれませんね。実際に学習した言語が実務で生かせるかどうかという点は別問題ですが、プログラミングがどういうモノなのかという点を理解しているだけでも、企業に好印象を与えることができるでしょう。また、WEB系言語やアプリ開発系の言語なら、実務で使えなくてもプライベートで活用することもできるので、勉強しておいて損はないはずですよ。

逆にプログラマー志望なのに、勉強してなかったらその志望動機は嘘になりますからね。

未経験でプログラマ就職・転職希望ならポートフォリオを用意しよう

未経験だけどプログラマーとしてデビューしたい方は多いように思います。

人材を育てるには非常にコストがかかるので企業側はどうしても即戦力の方を採用したいと思うでしょう。会社に入って研修に期待するような人材はハナから要らないと言われてしまいます。

プログラミングの仕事は未経験とは言えある程度事前に知識と技術力を備えていた方が採用の確度があがります。

未経験でもアピールできる点を持つこと

未経験でプログラマーとして転職することは不可能ではありません。しかし、簡単になれるかと言えば、決してそういうわけでもありません。プログラミングのお仕事は、経験がなくてもやる気や情熱、そして素質があれば勉強できますし、プログラミング言語によっては未経験者でも学びやすいものはたくさんあります。そのため、企業の中には、未経験者でも採用後に勉強しながら働けそうな人なら採用しても良いと考えている所が多いのです。

未経験でプログラマー転職したい人は、面接の際にこれまでの経験をどのように転職後に生かせるのかという点をアピールすると良いでしょう。例えば営業マンとして活躍してたとか、リーダーシップを発揮できるのか、困難にぶつかっても乗り越えられる根性があるなど、仕事とは直接関係なくても持っている素質をアピールすれば、プラス評価されて採用につながる可能性はあるのです。

面接の際に志望動機を聞かれると、どうしてもどうしてプログラマーになりたいと考えるようになったのか、そのきっかけを話す人が多いのですが、キッカケよりも今後どんなプログラマーになりたいのかという目標や展望をアピールしたほうが、企業からは高評価です。

自分でプログラミングを学習している姿勢を見せる

企業が未経験者をプログラマーとして採用する場合には、企業内で研修制度や教育制度が完備されていて人材育成を視野に入れている場合もあれば、働きながら学習して覚えてもらうことを前提としているケースもあります。

規模が大きな企業なら、未経験でも社内の教育制度を利用しながらプログラマーとしての基本を教えてもらえる可能性は高いでしょう。しかし、難易度がそれほど高くないプログラミング言語を使って開発をしている中小企業などは、勉強しながら開発に携われる人材を探しています。

そのため、誰かに手取り足取り教えてもらわなくても自ら学習していますという意欲を見せることは、採用に近づくためのポイントとなります。具体的にどんな風に勉強するのかという点ですが、プログラミングスクールに通ったり、オンラインで受講するなど、方法はたくさんあります。今まさに学習中である旨を伝える事です。

事前にプログラミングの勉強をしておく

未経験でも企業に採用してもらうことは可能ですが、企業としてはプログラミングが一体何かも知らない完全未経験者よりは、実務としての経験はないけれど独学やスクールに通ったりして、自分なりにプログラミングに取り組んでいるという人材の方が、採用したいなという気持ちになるものです。

プログラミング言語にはいろいろな種類がありますが、初心者でも簡単に学習できるものもあるので、まずはそういう言語から事前に勉強してみてください。実際にプログラミングを経験することによって、自分がその仕事に向いているかどうかを見極めることができますし、ほかの言語に挑戦したくなるかもしれませんよね。

事前にどんな言語を学習するかという点は、企業の採用担当にとっては興味津々な部分でもあります。もちろん、即戦力として働けるレベルを達成していれば高評価ですが、少しかじった程度でも、まったくの未経験者と比較すれば大きなプラスなので、採用に近づきやすくなるでしょう。

逆にプログラマー志望なのに、今まで独学でも趣味でもやったことが無いなんて人いないですよね?

自分で作ったアプリやサイトを見せられるようにしておく(ポートフォリオ)

プログラマーとして働いた実績と経験がなくても、独学でプログラミングを学習して、とてもハイレベルな域に達している人はたくさんいます。プログラミングのスキルや知識は、言葉で説明してもなかなかうまく説明できないことがあるので、もしも自分で作ったアプリやサイトがあるのなら、ぜひポートフォリオとして面接のときに持参(あるいはWEBサイトで提示)すると良いでしょう。

採用担当者はプロなので、そうした作品を見ればその人のレベルを大体把握することができます。ポートフォリオを見せると、かならず使った言語について聞かれたり、工夫した点を聞かれるので、質問に答えられるように準備しておくことをおすすめします。

ポートフォリオは、自分のプログラマーとしてのスキルと知識の集大成として、面接官にアピールする材料となります。そのため、一朝一夕で簡単なものを作るのではなく、アイデアや作り方、機能やデザインに至るまで、試行錯誤しながら時間をかけて傑作を作るように努力してくださいね。場合によっては、プログラマーとしてのスキルだけではなく、企画やデザイン面などのセンスを評価してもらうことで採用につながるという可能性も考えられます。

また、ポートフォリオを持参する際には、面接のときにサッと披露できるように、スマホやタブレットなども合わせて持参することをおすすめします。パソコン版などで面接時に披露することが難しい場合には、スクリーンショットをいくつかプリントアウトして持参するだけでも、採用担当にはプラス評価の材料になるかもしれませんよ。

女性&未経験でもプログラマーになることはできる

この記事では女性で未経験のIT分野に飛び込もうとしている方のためにナビしていきます。

女性でも未経験でもなれるエンジニア系の職種

女性のプログラマー

プログラマーと言っても取り扱う言語は多く、未経験者からだと実務レベルに達するまでに長い時間がかかってしまうものもあれば、未経験者でもやる気と情熱があれば短期間でビジネスレベルに達するような難易度が低いものまで様々です。

未経験者からプログラマーとして転職をするのなら、時間をかけずに勉強できて、できるだけ短期間で即戦力となるスキルを身に着けられるタイプのプログラマーを目指すのが良いでしょう。

具体的には、パソコンやスマホなどでアプリケーション開発をするWEBプログラマーはとても人気がありますし、多くの人が未経験からでも挑戦している分野です。アプリの開発だけではなく、プログラムの開発を担当したり、ソフトやアプリの保守や運営などもWEBエンジニアのお仕事となりますね。

デザイナー寄りのエンジニア

WEBデザイナーがデザインしたものをWEB上に表示することをお仕事とするマークアップエンジニアも、未経験者に人気のエンジニア職です。デザインのレイアウトを取り扱うため、画像やイラストなどが好きな人に向いていて、女性でも希望する人は多いエンジニアと言えます。

また、デザインすることが好きな人なら、PhotoshopやIllustratorのソフトを使うWEBデザイナーのお仕事もエンジニアに分類されるお仕事です。

広告・マーケティング

他にはWEB広告やマーケティングの業界も入りやすいと思います。広告主への営業や露出面(媒体)の管理や制作、マーケティングは若手の多い人気の業界です。

女性エンジニアの働き方と経歴の道筋について

エンジニアが働くIT業界では、男性とか女性という性別によるキャリアの大きな違いや壁などはありません。

しかし、女性の場合には、どうしても結婚や育児などのライフステージに合わせて仕事をセーブしなければいけない時期が発生してしまうため、その点では男性と比べるとキャリア面でハンデがあると言えます。

また、企業の側にとっても、結婚適齢期や出産のタイムリミットが迫っている女性を雇用する際には、どうしてもライフステージとのバランスについてどう考えているのかという点が気になるところです。

もしも女性でエンジニア職への転職を考えている人は、面接の際にそうした質問をされることは想定しておいた方が良いでしょう。

エンジニアのお仕事は、男性が多く従事しているというイメージがありますが、決してそんなことはありません。

女性でもエンジニアとして活躍している人はたくさんいますし、管理職も大勢います。もしもこれから転職を考える場合には、出産や育児の際には福利厚生が手厚い企業を選ぶという方法も検討すると良いでしょう。

例えば育児休暇がシッカリついていれば、育児に集中する期間を長く確保できますし、保育園探しなども時間に余裕をもって探せますよね。

また、フレックスタイム制度を採用している企業なら、パートナーとスケジュールを調整しながら仕事と育児を両立しやすい環境を維持できるのではないでしょうか。

他には在宅勤務をOKとしている企業もIT系には多いと思います。在宅で子育てしながら時間に縛られずに働くスタイルを目指すこともできます。このタイプは拘束される勤務時間は一応ある場合もありますが一定の成果物を提出、納品、完成させることを求められます。

ある程度の自身がついてきたらこのような業態の企業を探してみるとよいと思います。

女性エンジニアに見られるつらい面

女性でも男性でも、同じ職場で働くエンジニアやプログラマーたちは、同じ職場環境の中で仕事をこなします。残業が多い職場なら、女性だから早く帰宅できるということはなく、男性社員と同じように残業をこなさなければいけないのは辛い部分かもしれません。

家庭や育児と仕事を両立したい女性エンジニアにとっては、残業が多い企業だと両立が難しいという悩みを抱えることが多いですね。

また、育児や家庭との両立を心配する必要がない独身女性エンジニアでも、残業が続いて食生活が乱れたり、生活習慣が不規則になることで便秘になったり肌が荒れるなど、健康や美容についての悩みを抱えることが多いようです。

職場のハラスメントもまだ存在しています。これはエンジニアに限ったことではありませんが、女性エンジニアが働く職場は男性の割合が高いため、どうしてもそうしたハラスメント的な行動に対して厳しく取り締まる環境にない職場が多いのです。

あからさまなセクシャルハラスメントは多くの男性が気を付けているので少なくなっているものの、パワーハラスメントなどがあったり、飲み会の席で女だからという理由でお酌をさせられるなどのハラスメントも実際に存在しています。これも、女性エンジニアにとっては悩みですね。

女性で未経験からプログラミングスキルを身につける方法

女性で未経験だけどプログラマーとして活躍するためには、まずプログラミングスクールに通ったりオンラインのクラスを受講するなどして、まずはプログラミングスキルを身に着けることが必要です。

具体的にどんな方法かという点ですが、プログラミングに精通していない初心者なら、スクールに通学するのがおすすめです。ある程度の基礎が分かっている人なら、オンラインでクラスを受講する方法でも十分に理解できますが、その場合には分からない点はどこに質問したら良いのかを考えることが必要ですね。

すでにプログラミングについての知識や実務経験があり、これから新しい言語を習得するという場合なら、書籍という方法を選んでも良いですが、未経験者や初心者には書籍はおすすめしません。1ページ目から理解できないという状態に陥りかねませんし、理解できないまま本を閉じて、それ以来開かないということも多いのです。

基本的なスキルと知識がない人は、インタラクティブに学べるWEBのスクール環境がおすすめです。