カテゴリーアーカイブ 未分類

未経験からプログラマーになるなら何言語を勉強すればよいか

未経験の人がプログラマーになる場合には、まずどんな言語から勉強したら良いのでしょうか?プログラミング言語にはたくさんの種類があり、それぞれ難易度が異なります。未経験者でも集中して勉強すれば短期間に実践レベルまでスキルアップできるものもあれば、未経験者にとってはハードルが高すぎるという言語まで様々です。ここでは、プログラミング初心者におすすめの言語をいくつかご紹介しましょう。

・Javascript
ユーザーが目で見えるフロントエンド部分の開発によく使われるJavascriptは、カーソルを当てると色が変わるボタンや、画面をスクロールするとアイコンも動くなど、画面に動きや楽しさを与えることができるプログラミング言語として人気があります。未経験者でも学習しやすい難易度なのですが、Node.js.を使えばフロントエンドだけではなくてサーバーサイドの開発にも利用できるため、プログラマーにとってはいろいろな所で使える言語と言えます。

Javascriptの前にWEBページを作成するための言語でHTMLとCSSを知らない方は必然的にまずはそちらから取り組むことになります。

・Ruby
WEBアプリの開発に使われることが多いRubyもまた、未経験者でも学習しやすい難易度のプログラミング言語です。しかもRubyは日本で開発されたため、日本人にとっては馴染みやすいという点も、未経験者におすすめの理由の一つですね。未経験者がプログラマーとして転職したい時には、最初にマスターする言語はRubyという人が多いため、たくさんのプログラミングスクールやオンラインクラスなどで受講することができる言語でもあります。

昨今のプログラミングスクールのRuby推しは私も理由が見えてきませんがそれだけ業界の需要が高いのではないかと想定できます。RubyにはフレームワークのRailsというのがあって、これとセットで学習していくのが一般的だと思います。

・PHP
PHPは、他の言語と比べるとコーディングが比較的フレキシブルで、エラーが起こりにくいという点から、未経験者にもおすすめの言語として人気があります。PHPはWEBアプリの開発によく用いられる言語なのですが、ブログやWEBサービスなどに使われているWordPressは、すべてPHPを使って作られたアプリでもあります。PHPを理解していなくてもWordPressを使うことは可能ですが、PHPを理解すると、またアプリに対する見方が変わってくるのではないでしょうか。

RubyもPHPも言語は違えど同じようなWEBサイトを立ち上げる事ができます。個人的にはPHPのほうがドキュメントやFAQが充実してて好きです。

・Swift(XCode)
iOSのスマホアプリ開発によく使われるプログラミング言語がSwiftです。スマホアプリは、開発すれば個人でも販売することができるだけでなく、使ってみたいなという機能を盛り込んで自分用に開発して使うなど、スマホをよく使う人にとっては知っていると便利なプログラミング言語ではないでしょうか。難易度はそれほど高くないので、未経験者にもおすすめです。

iOSアプリを作るにはMacのパソコンと開発環境であるXCodeをインストールする必要があり、XCode上でプログラミングをしていきます。

・Kotlin
iOSのアプリ開発に使われるプログラミング言語はSwiftですが、アンドロイドOSに使われるのはKotlinが多いですね。この言語はそれほど難易度は高くないので未経験者でも学習しやすいという特徴がありますが、まだマスターしているプログラマーが少ないため、ニーズがとても高い言語の一つでもあります。未経験者でもこの言語をハイレベルにマスターできれば、転職のチャンスを手にする事ができるでしょう。

・C#
Unity系のゲーム開発に使われることが多いC#は、もともとはC言語をベースにして開発されたアプリ開発用のプログラミング言語です。プログラミングについての基本的な部分やコンセプトに根付いているため、未経験者なら納得しながら学べるというメリットもあります。ゲーム開発に携わりたい人なら、ぜひ知っておきたい言語ですね。

・Python
難易度が低く、未経験者にも勉強しやすいのが、WEBに関係するデータの解析やサービスの作成など利用される範囲が広いPythonです。この言語は、人工知能の開発や機械学習の開発などにも使われることが多いため、今後ますますニーズが高まる言語でもあり、その点からもこれから新しくプログラミング言語を習いたい人にとっては、一押しの言語と言われています。

個人的にはコーディング以前の問題として統計学を知ってないと難しい気がします。

プログラミング言語の選択の仕方

プログラミング言語はたくさんありますし、次々に新しい言語が開発されているため、未経験者の人にとってはすべてを独学でマスターすることは不可能です。どんな言語を選択したら良いかという点ですが、まずは未経験者でも学習しやすい難易度のものを選ぶことが大前提となりますね。

その上で、自分がどんなタイプのプログラミングや開発に携わりたいのかという点を考えて、適切な言語を選ぶことをおすすめします。例えば、スマホアプリの開発をしたいのなら、iOSのアプリ開発によく使われるSwiftを知っておいた方が良いでしょうし、アンドロイドOSの開発をしたいのなら、Kotlinをマスターしておくと良いですよね。

一般的に、WEB系のアプリ開発に用いられる言語は難易度が低いものが多くて未経験者でも勉強しやすいので、この辺を狙うのが良いでしょう。

ある程度の基礎が分かってきたら、アプリを開発してみたり、WEBページを作成してみたり、実践的なスキルにつなげていきましょう。実際に開発してみると、工夫したい点や改善したい点が見えてきますし、モチベーションのアップにもつながりますよ。