未経験でプログラマ就職・転職希望ならポートフォリオを用意しよう

未経験でプログラマ就職・転職希望ならポートフォリオを用意しよう

未経験だけどプログラマーとしてデビューしたい方は多いように思います。

人材を育てるには非常にコストがかかるので企業側はどうしても即戦力の方を採用したいと思うでしょう。会社に入って研修に期待するような人材はハナから要らないと言われてしまいます。

プログラミングの仕事は未経験とは言えある程度事前に知識と技術力を備えていた方が採用の確度があがります。

未経験でもアピールできる点を持つこと

未経験でプログラマーとして転職することは不可能ではありません。しかし、簡単になれるかと言えば、決してそういうわけでもありません。プログラミングのお仕事は、経験がなくてもやる気や情熱、そして素質があれば勉強できますし、プログラミング言語によっては未経験者でも学びやすいものはたくさんあります。そのため、企業の中には、未経験者でも採用後に勉強しながら働けそうな人なら採用しても良いと考えている所が多いのです。

未経験でプログラマー転職したい人は、面接の際にこれまでの経験をどのように転職後に生かせるのかという点をアピールすると良いでしょう。例えば営業マンとして活躍してたとか、リーダーシップを発揮できるのか、困難にぶつかっても乗り越えられる根性があるなど、仕事とは直接関係なくても持っている素質をアピールすれば、プラス評価されて採用につながる可能性はあるのです。

面接の際に志望動機を聞かれると、どうしてもどうしてプログラマーになりたいと考えるようになったのか、そのきっかけを話す人が多いのですが、キッカケよりも今後どんなプログラマーになりたいのかという目標や展望をアピールしたほうが、企業からは高評価です。

自分でプログラミングを学習している姿勢を見せる

企業が未経験者をプログラマーとして採用する場合には、企業内で研修制度や教育制度が完備されていて人材育成を視野に入れている場合もあれば、働きながら学習して覚えてもらうことを前提としているケースもあります。

規模が大きな企業なら、未経験でも社内の教育制度を利用しながらプログラマーとしての基本を教えてもらえる可能性は高いでしょう。しかし、難易度がそれほど高くないプログラミング言語を使って開発をしている中小企業などは、勉強しながら開発に携われる人材を探しています。

そのため、誰かに手取り足取り教えてもらわなくても自ら学習していますという意欲を見せることは、採用に近づくためのポイントとなります。具体的にどんな風に勉強するのかという点ですが、プログラミングスクールに通ったり、オンラインで受講するなど、方法はたくさんあります。今まさに学習中である旨を伝える事です。

事前にプログラミングの勉強をしておく

未経験でも企業に採用してもらうことは可能ですが、企業としてはプログラミングが一体何かも知らない完全未経験者よりは、実務としての経験はないけれど独学やスクールに通ったりして、自分なりにプログラミングに取り組んでいるという人材の方が、採用したいなという気持ちになるものです。

プログラミング言語にはいろいろな種類がありますが、初心者でも簡単に学習できるものもあるので、まずはそういう言語から事前に勉強してみてください。実際にプログラミングを経験することによって、自分がその仕事に向いているかどうかを見極めることができますし、ほかの言語に挑戦したくなるかもしれませんよね。

事前にどんな言語を学習するかという点は、企業の採用担当にとっては興味津々な部分でもあります。もちろん、即戦力として働けるレベルを達成していれば高評価ですが、少しかじった程度でも、まったくの未経験者と比較すれば大きなプラスなので、採用に近づきやすくなるでしょう。

逆にプログラマー志望なのに、今まで独学でも趣味でもやったことが無いなんて人いないですよね?

自分で作ったアプリやサイトを見せられるようにしておく(ポートフォリオ)

プログラマーとして働いた実績と経験がなくても、独学でプログラミングを学習して、とてもハイレベルな域に達している人はたくさんいます。プログラミングのスキルや知識は、言葉で説明してもなかなかうまく説明できないことがあるので、もしも自分で作ったアプリやサイトがあるのなら、ぜひポートフォリオとして面接のときに持参(あるいはWEBサイトで提示)すると良いでしょう。

採用担当者はプロなので、そうした作品を見ればその人のレベルを大体把握することができます。ポートフォリオを見せると、かならず使った言語について聞かれたり、工夫した点を聞かれるので、質問に答えられるように準備しておくことをおすすめします。

ポートフォリオは、自分のプログラマーとしてのスキルと知識の集大成として、面接官にアピールする材料となります。そのため、一朝一夕で簡単なものを作るのではなく、アイデアや作り方、機能やデザインに至るまで、試行錯誤しながら時間をかけて傑作を作るように努力してくださいね。場合によっては、プログラマーとしてのスキルだけではなく、企画やデザイン面などのセンスを評価してもらうことで採用につながるという可能性も考えられます。

また、ポートフォリオを持参する際には、面接のときにサッと披露できるように、スマホやタブレットなども合わせて持参することをおすすめします。パソコン版などで面接時に披露することが難しい場合には、スクリーンショットをいくつかプリントアウトして持参するだけでも、採用担当にはプラス評価の材料になるかもしれませんよ。