未経験からでも習得&なりやすいのはWEBプログラマー!その理由、仕事内容、平均収入、必要なスキル

未経験からでも習得&なりやすいのはWEBプログラマー!その理由、仕事内容、平均収入、必要なスキル

プログラマーと言っても、どんな言語でどんな開発に携わるのかは多種多様です。これまでプログラマーとして未経験の人にとっては、いきなり真っ黒な画面でひたすらコーディングをするタイプのプログラマーでは、ハードルが高いかもしれませんよね。

初心者に人気があり、難易度的にもそれほど高くないのは、WEB系のプログラミング言語です。そのためでしょうか、近年ではWebのニーズが高まると同時にwebプログラマーのニーズも急速に高まり、習得すると即戦力として働ける転職先を見つけやすいようですね。

webプログラマーには、実際にユーザーが目で見えるフロントエンドと呼ばれる部分と、ユーザーからは見えない裏側のサーバーサイドとがあります。初心者の場合、目で確認しながら楽しく学びたいという人が多く、フロントエンド系のプログラミング言語が人気となっています。

webプログラマーが人気の理由は他にもあります。それは、実務以外でも趣味としても活用できるスキルだからという点です。webプログラマーとしてのスキルを身につければ、個人ブログでもプロレベルの質で作成できるなど、仕事を離れた場所でも使い勝手が良いという点は、これからプログラマーになりたい未経験者にとってwebプログラマーが人気の理由と言えるでしょう。

WEBプログラマーの仕事内容

webプログラマーは、プログラマーの中でもWEBに関係するアプリやシステムの開発に携わっています。主にホームページ制作に代表されますが、その中身は様々です。コーポレートサイト、商品販売のためのECサイト、企業のオウンドメディア、WEBを使ったマーケティング、集客用のサイト制作など多様です。

それだけではありません。私達エンドユーザーがWEBを開くと、動画が表示されたり、カーソルを合わせるとアイコンの色や形が変わるなど、魅力的なWEB表示になっているサイトはたくさんありますが、そうした動的な機能をWEBに付加させているのも、すべてWEBプログラマーのお仕事です。

また、オンラインショッピングサイトで申込書を記入すると、内容が暗号化されてサーバーへ送られたりするのもwebプログラマープログラマーが大きく関係していますし、FacebookやTwitterなどのSNSにおいても、webプログラマーが大きく携わっています。普段、エンドユーザーが何気なく使っているWEBサイトに表示される一つ一つのオブジェクトや機能は、すべてバックグラウンドでWEBプログラマーが何をどんな風に表示するのか、またどんな順番で表示するのかという点をコーディングしているというわけですね。

気になるWEBプログラマーの平均収入

webプログラマーの平均的な年収は、もちろん雇用形態や企業、働き方によって異なりますが、大体350万円~500万円程度となっています。あくまでこれは平均で、ハイレベルなスキルを持つプログラマーになると、年収1000万円を超えるというケースもたくさんあります。特にフリーランスで働くWEBエンジニアであれば年収800~1000万は届きやすいでしょうし、複数の業務を掛け持ちすることもできます。

平均年収を男女別にみると、男性は平均425万円で女性は平均370万円となり、男性の方が若干高めです。これは、男性は年齢とともに管理職へのキャリアアップやステップアップをする人が多く、その際に年収もアップするという理由があるようですね。

また、女性の場合には、結婚や出産をきっかけにフルタイムの仕事を辞めてパートになったり、家庭と仕事を両立するために労働時間を短く抑えるなど、ライフステージの理由で年収が男性ほど高くはなりにくいのかもしれません。WEBプログラマーの場合には、男性だから出世しやすいとか、女性だから給料が低いということはなく、実績が年収にも反映されるIT業界で働く人材です。知識やスキルをアップすれば、女性でも年収1000万円超えの管理職になることはもちろん可能ですよ。

WEBプログラマーに必要なスキルとは

WEBプログラマーとして働くためには、いくつかの必要なスキルがあります。

言語でいえばHTML、CSS、Javascriptこの3つは習得していて当たり前なスキルと言えます。後は作るシステムやサービス、企業ごとに言語が違うのでRuby、PHP、Java、あたりからが入りやすいでしょう。あとはDB連携はほぼ必ずやらないとなのでMySQLが扱える事、SQL文が書けないと話になりません。

性格的に求められるスキルとして1つ目は、一人で作業をする事が苦痛でないというスキルですね。(スキルなのか?)プログラマーはWEBプログラマーに限らず作業は一人でパソコンに向かってコツコツとコーディングをしていくため、同僚とワイワイ話しながら作業をする事はありません。1人で集中して作業することが得意というのはこの仕事の素養があると言えます。

コミュニケーションスキルも必要です。実際の作業をするのは一人でも、プロジェクトにかかわる人と進捗状況や疑問点についてコミュニケーションを取る事は日常的に必要です。分からないところはうやむやにせずに、しっかりとコミュニケーションが取れるスキルを身に付けなければいけません。

また、WEBプログラマーには新しいことに挑戦するというスキルも求められます。プログラミング言語はしばしばバージョンアップされ続けていて、どんどん世の中には新しい言語が作り出されてきます。一つの言語を習得したからと言って満足せずに、新しい言語を取り入れてよりよいシステムを作り上げる意欲ややる気を持っていることもまた、WEBプログラマーに求められるスキルと言えるでしょう。