20代未経験からプログラマーになる方法と手順

20代未経験からプログラマーになる方法と手順

未経験でも20代なら転職のチャンス

プログラマーの仕事に限らず、20代という年代はどんな職業でも未経験のお仕事へ転職しやすく、転職という点では理想的な年代と言えます。学校を卒業してすぐに就職をする新卒採用の場合には、プログラマーとしての経験がゼロでも採用してもらうことは可能です。しかし一度社会人として働いてしまうと、新卒採用では転職することができないため、経験者として中途採用の枠で転職活動をしなければいけません。そうすると、プログラマーとしての経験がないとなかなか採用には結び付きにくくなってしまうのです。

20代でプログラマーとして転職したい場合には、年齢が高くなる前に積極的に転職活動を始めることをおすすめします。まったく経験がなく、プログラミングをかじったこともないという場合には、未経験者でもOKという求人情報を見つければよいですが、転職成功率をアップするためには、転職に向けてプログラミングスクールに通うとか、オンラインでクラスを受講するなど、プログラミングの学習をスタートするのがおすすめです。むしろその熱意が無いと見透かされてしまいます。

こうしたクラスの中には、短期間でも効率よく勉強できるカリキュラムが組まれているものがたくさんありますし、未経験者でも理解しやすい内容にまとめられています。

プログラマーになる学習環境が良いのも20代ならでは

20代という年代は、社会人にいなってまだ長い年月がたっておらず、転職希望者がどの企業のカラーにも染まり切っていない状態です。しかし、一度社会人として働いた経験があるということで、社会人として基本的なマナーなどを教育する必要はありませんよね。そのため、20代転職者を採用する企業にとっては、人材を育成して一人前のプログラマーにするための学習環境を提供するところもあるのです。

また、20代で転職することは、転職者にとってもメリットがあります。それは、年代的にまだ結婚したり家庭を持っていない人が多く、空いている時間を利用してプログラミングの勉強をしやすい環境にあるという点があげられます。家庭を持っていると、子供の面倒を見ることなどが忙しかったりして、集中してプログラミングの学習に取り組めないということは珍しくありません。

そうなる前の段階なら、自分の空いている時間を思う存分に投資して、プログラミングのスキルを学習できるでしょう。また、プログラミングスクールに通っても、時間や費用面では20代の方がフレキシブルな部分が多い点も、この年代のメリットの一つと言えます。

これぞ必須スキル?プログラマーになるために

20代で未経験者でも、プログラマーになることは可能です。そのためには、まずプログラマーとして採用されることが必要となりますが、未経験者の場合には経験者と同じ土俵で戦っても勝率は高くないので、求人募集を探す時には未経験者可のお仕事を探す事になります。

未経験者可のお仕事は、プログラミングの経験がなくても採用してもらうことができます。しかし、まったく経験がなく齧ったこともないという人よりは、プログラミングスクールに通ったりして必要なスキルを学習中という人の方が、企業にとっては採用しやすいですよね。そのため、転職に際しては、自らプログラミングスクールに通うなどして、実務に直結するプログラミングスキルを基本的な部分だけでも習得しておくことをおすすめします。

スクールによっては自作のアプリを完成させる所までカリキュラムに入っている教室もあるので、そこで自作アプリを完成させ転職先に見せるPR材料にすることもできます。

20代でプログラマーとして転職する際に求められるスキルは、プログラミングスキルだけではありません。プロジェクトに携わる際には他人とコミュニケーションを取る事が必要なので、一定レベルのコミュニケーションスキルは必要ですし、プログラムをコーディングする際には、仕様書や設計書を見てコードに落とす力や論理的思考能力も必要不可欠です。また、エンジニアから渡された仕様に基づいて流れるような美しいプログラムを構築するためには、頭の中で想像力を働かせながら、そのプログラムをイメージできる想像力というスキルも必要となりますね。

仕様や設計の不明点はうまくヒアリングしたり、プログラミングにおける疑問はWEBや英語のサイトを見て自己解決できる力、これもスキルと言えます。

独学でプログラマーになる事は可能か

プログラマーになるためには、未経験者ならプログラミングスクールに通ったほうが、限られた時間の中で効率的に勉強できます。しかし、趣味でプログラミングをしている人だと、あえてスクールに通わなくても独学で学べるということもあるでしょう。独学でプログラマーになることは、スキル次第では十分に可能ですが、転職に成功するためには、自分が作成したプログラムや作品などを面接の際に持参して、面接官に評価してもらうぐらいの意気込みがあると良いですね。

まったくの未経験者が「独学で学んでいます」と言っても、面接官にとっては具体的にどんな言語をどんなレベルで習得しているのかは把握しにくいものです。何か目で確認できるものがあったほうが、面接官を納得させられますし、採用にも近づきやすくなるでしょう。その際には、即戦力となるぐらいのスキルレベルを披露できることが理想的です。