未経験でもなれるプログラマーの求人なんてあるの?採用の確率を上げるには

未経験でもなれるプログラマーの求人なんてあるの?採用の確率を上げるには

プログラマーの人材不足につき

現在、私たちの日常生活のいたるところにIT技術が活用されていますが、その便利な生活を支える陰には、かならずプログラマーの存在があります。今後もますますIT化が進むことが予想されているため、プログラマーのニーズは高まり続けています。企業にとっては、即戦力となるベテランプログラマーを採用したいところですが、ニーズがとても高い職種で人材が追い付かないことは多く、そのために未経験者でもやる気があれば採用しますという企業もたくさんあります。

これからプログラマーとして働きたいという人は、たくさんの求人募集があるので何をどんな風に選べばよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。多くの求人募集の中でも、条件が良いお仕事は経験者が多く応募することが考えられるため、未経験者が採用されるためには、競争相手が少ない求人募集を狙うのが良いでしょう。まずは実際にプログラマーとして働いてみて、経験値や知識、スキルを高めたうえで今度は経験者として転職すればよいのです。

未経験で採用される求人があるのか

プログラマーとして働いた経験がないというだけでなく、プログラミングをした経験もないという完全未経験者でも、プログラマーとして採用してもらうことは可能です。しかし、これは企業が人材育成する価値があるなと判断した場合に限るため、年代で言うなら20代の転職者が多いですね。また、プログラミング言語の中には難易度がそれほど高くはなく、未経験者でもやる気があれば短期間で即戦力となるレベルまで上達できるものもあります。そのため、完全未経験者でも独学などでそうした初心者でも勉強しやすいプログラミング言語を学んでおくことをおすすめします。

企業の中には、完全未経験OKな求人を出す会社があります。これは、真っ白な状態からプログラマーとしての人材育成をしたいという企業が見られ、プログラマーとして変なクセがついてしまう前の人材を採用しようということなのでしょう。その場合でも、独学などでプログラミング言語に慣れ親しんでおくことは悪いことではありませんし、マイナス評価されることはないので安心してください。

何言語プログラマーなら未経験OK求人があるか

プログラマーと言っても、どんなプログラミング言語を使うのかによって、その難易度や開発アプリ、プロジェクトの規模などは大きく異なります。その中には未経験者でも時間をかけずに習得できる言語もあるため、そうした言語を使って開発を行うタイプのプログラマーなら、転職しやすいでしょう。

未経験者でも比較的求人が出てるのは、WEB系のアプリを開発している企業で、使用する言語にはHTMLにCSSからJavaScriptやRuby、PHPなどがあります。もちろん、これらの言語も完全にマスターするには奥が深いので時間がかかりますが、未経験者でも学習しながらそれなりのコーディングができるという点で、求人が見つかりやすいと思います。

面接で採用担当が見るポイントは様々

企業の採用担当は、これまでにたくさんのプログラマー志望者を見ていますし、実際に採用した後にその人材がどんなふうに企業の中で活躍できるのかという点なども予想するプロの目を持っています。プログラマーになることを希望する未経験者でも、採用担当の目にかなう人はたくさんいますから、決して未経験者だから転職できないということはありません。

それでは、採用担当はどんなところを見ているのでしょうか。

現場の採用担当者が見るポイントとしては未経験者でもプログラミングに対する熱意ややる気を感じ取ることができれば、採用に近づきやすくなります。文系や理系という点よりも、プログラミングは常に新しいことを覚えようという熱意を持っていなければ、プログラマーとして働き続けることは難しいでしょう。そのため、プログラミングに対する情熱ややる気、そしてストレスや困難にも負けない根性があるかどうかという点をチェックすることになります。

また2次面接に進んだらその人材が企業の社風に合っているかどうかという点をチェックします。採用すればその人は社員の一人となるわけで、他の社員たちと一緒にプロジェクトに携わることになります。自分にとってその人と一緒に働きたいかどうかという点は、採用担当が最初にチェックする点ですね。

ブラック企業は避けたい

プログラマーを採用している企業の中には、優良企業はたくさんあります。しかし同時に、劣悪な労働環境で違法なまでの残業時間を強いるブラック企業が存在することも確かです。プログラマーを使う企業はたくさんありますから、その中から優良企業を選ぶことは、転職希望者が最初に乗り越えなければいけない壁なのかもしれませんね。

優良企業を探す際には、いくつかの方法があります。まず、優良企業でなければ登録できないような転職斡旋サービスを利用するという方法です。こうしたサービスでは、ブラック企業は登録できないシステムとなっているだけでなく、転職活動の全てを通して、プログラマーの転職に精通したプロがサポートしてくれるので安心ですね。また、その企業の離職率をチェックしたり、求人募集がどのぐらいの頻度で出されているかという点をリサーチするのも良いでしょう。