SEなのにプログラミングは未経験という人、プログラムを学びたいなら

SEなのにプログラミングは未経験という人、プログラムを学びたいなら

SE(システムエンジニア)とプログラマーの職域は微妙に異なります。

新卒採用からSEの人と、プログラマからSEになった人の違い

プログラマーとしての経験があり、その上でSEになった人と、まったくプログラミングの経験がないけれどSEとして新卒採用された人とでは、システム提案の点で大きな違いがあります。SEとしてシステムを提案する場合、顧客にシステムを提案する時点で、処理速度や反応速度、またセキュリティ面、拡張性などプログラミングに関する部分についても話し合います。プログラミングの知識や経験がないと、こうした部分でどこをどんな風に提案できるのかという点が難しいでしょう。質問に対して即答が難しく持ち帰って回答なんて恥ずかしいことはしたくないですよね。

またSEは、顧客に提案した案件を自社に持ち帰り、プログラマーたちが具体的にどんなシステムを構築するのかという点を話し合います。その際に、プログラミングの経験があるSEなら論理的思考能力があるので、プログラマーが作業しやすいシステムを提案できますが、プログラミング未経験の新卒採用SEの場合には、思考回路がどうしても営業という立場になってしまい、プログラマーたちにとっては作業がしづらい環境を作り出してしまう可能性があります。またプログラムを含めて緻密に工数を算出するのが出来ないと不幸なプロジェクトになりかねません。

そのため、seとして新卒採用された人材でも、最初の数年間はプログラマーとしてプログラミングの経験を積むことを求める企業が多いですね。

プログラミングができないSEは不利

seの職務には、顧客へ案件を提案するというだけではなく、システムの設計やプログラミング、タスクマネジメント、そして作動テストまで案件全般に及びます。プログラミングの知識と経験があるSEなら、顧客に案件を提案する時点で、頭の中で具体的にこんなシステムにできるのかなという漠然としたイメージを描くことができますが、プログラミング経験がないSEでは、それができないので不利になります。

新卒採用でSEとなった人材なら、企業がプログラミングスキルや管理能力に至るまで、時間と費用をかけて育成することを前提に採用しているため、長い年月をかけて知識も経験もあるSEとして成長できるでしょう。しかし中途採用でSEとして転職したい場合には、プログラミングができることは大前提になっていることが多く、プログラミング経験のない人は、いくらSEとしての経験があっても採用されることは難しいかもしれません。

プログラミングが出来ないSEは会社として顧客との折衝でも不利、また個人の市場価値としても不利になる可能性が高いです。

もしもSEとして働きたい人や、すでにSEとして採用されたけれどキャリアアップという点で伸び悩んでいるという人は、プログラミングについての知識やスキルを見直してみることをおすすめします。プログラミングもできるSEになれば、市場のニーズはグンとアップすること間違いなしでしょう。

プログラミングを学ぶSEが増えてる

プログラミングを全く知らないのでは、SEとしてキャリアアップはあまり期待できません。そのため、プログラミング未経験でも新卒SE採用された人の中には、スクールに通ったりしてプログラミングの知識やスキルを勉強する人が増えています。働きながらプログラミングを学ぶ場合、限られた時間の中で効率的に勉強することが必要不可欠なので、独学よりはスクールに通ったり、オンラインのクラスを受講するなど、効率的にポイントを押さえた学習ができる方法を模索すると良いでしょう。

企業によっては、従業員向けにこうした自己啓発やキャリアアップにつながるアクティビティについては、経済的な援助をしてくれる制度が整備されている所がたくさんあります。まずは企業からのサポートを受けられるのかどうかをチェックした上で、ライフスタイルに合わせて学びやすい方法で勉強する体制を整えたいですね。

プログラミングを学ぶ、何から取り掛かる?

プログラミング言語と言っても、その種類はたくさんあります。スマホのアプリ開発に使う言語もあれば、Windowsのアプリ開発に良く用いられるものもありますし、難易度もそれぞれ異なります。いくらSEとして働いていても、プログラミングの経験がない人がいきなり高度な言語に挑戦しても、挫折するのが目に見えていますよね。だから、最初はまず、初心者向けで学習しやすい言語から選ぶのがおすすめです。

現在すでにSEとして働いているのなら、携わっている案件があるかもしれません。実務と関係のある言語を学んだほうが、モチベーション的にもアップしやすいですし、分からない点などは周囲の先輩たちに質問しながらプログラミングスキルを高めることも可能です。

そのため、言語選びではまず、実務に関係があるものを選び、基本的な部分から勉強してみてください。また、もし時間があれば、プログラマーが実際にコーディングしたプログラムを見せてもらい、どんなふうにコーディングしたら良いのか、その技術や洗練された作り方などを勉強するのも良いですね。

もしも、実務で携わっている言語がない場合には、興味がある言語を選ぶと良いでしょう。その中でも、スマホ開発に使うプログラミング言語などは、趣味の延長で学習できるだけでなく、アプリを開発すれば副業として収入を得られるという特典もついているのでおすすめです。

最近は独学できるサービスがあります。ProgateとかDotinstallとかで学習してみるとよいでしょう。

SEでプログラミングスクールを受講するなら?

昨今プログラミングの学習環境が非常に整っていてスクールも開講されています。独学とは違いサポートや質問に回答してもらえるのが特徴です。問題やエラーに直面したときに聞ける環境があるのは学習効率が良いです。スクールはWEBで完結するスタイルなので教室まで足を運ばずに自宅でskypeを使ってアドバイスをもらうことも出来たりします。