女性&未経験でもプログラマーになることはできる

女性&未経験でもプログラマーになることはできる

この記事では女性で未経験のIT分野に飛び込もうとしている方のためにナビしていきます。

女性でも未経験でもなれるエンジニア系の職種

女性のプログラマー

プログラマーと言っても取り扱う言語は多く、未経験者からだと実務レベルに達するまでに長い時間がかかってしまうものもあれば、未経験者でもやる気と情熱があれば短期間でビジネスレベルに達するような難易度が低いものまで様々です。

未経験者からプログラマーとして転職をするのなら、時間をかけずに勉強できて、できるだけ短期間で即戦力となるスキルを身に着けられるタイプのプログラマーを目指すのが良いでしょう。

具体的には、パソコンやスマホなどでアプリケーション開発をするWEBプログラマーはとても人気がありますし、多くの人が未経験からでも挑戦している分野です。アプリの開発だけではなく、プログラムの開発を担当したり、ソフトやアプリの保守や運営などもWEBエンジニアのお仕事となりますね。

デザイナー寄りのエンジニア

WEBデザイナーがデザインしたものをWEB上に表示することをお仕事とするマークアップエンジニアも、未経験者に人気のエンジニア職です。デザインのレイアウトを取り扱うため、画像やイラストなどが好きな人に向いていて、女性でも希望する人は多いエンジニアと言えます。

また、デザインすることが好きな人なら、PhotoshopやIllustratorのソフトを使うWEBデザイナーのお仕事もエンジニアに分類されるお仕事です。

広告・マーケティング

他にはWEB広告やマーケティングの業界も入りやすいと思います。広告主への営業や露出面(媒体)の管理や制作、マーケティングは若手の多い人気の業界です。

女性エンジニアの働き方と経歴の道筋について

エンジニアが働くIT業界では、男性とか女性という性別によるキャリアの大きな違いや壁などはありません。

しかし、女性の場合には、どうしても結婚や育児などのライフステージに合わせて仕事をセーブしなければいけない時期が発生してしまうため、その点では男性と比べるとキャリア面でハンデがあると言えます。

また、企業の側にとっても、結婚適齢期や出産のタイムリミットが迫っている女性を雇用する際には、どうしてもライフステージとのバランスについてどう考えているのかという点が気になるところです。

もしも女性でエンジニア職への転職を考えている人は、面接の際にそうした質問をされることは想定しておいた方が良いでしょう。

エンジニアのお仕事は、男性が多く従事しているというイメージがありますが、決してそんなことはありません。

女性でもエンジニアとして活躍している人はたくさんいますし、管理職も大勢います。もしもこれから転職を考える場合には、出産や育児の際には福利厚生が手厚い企業を選ぶという方法も検討すると良いでしょう。

例えば育児休暇がシッカリついていれば、育児に集中する期間を長く確保できますし、保育園探しなども時間に余裕をもって探せますよね。

また、フレックスタイム制度を採用している企業なら、パートナーとスケジュールを調整しながら仕事と育児を両立しやすい環境を維持できるのではないでしょうか。

他には在宅勤務をOKとしている企業もIT系には多いと思います。在宅で子育てしながら時間に縛られずに働くスタイルを目指すこともできます。このタイプは拘束される勤務時間は一応ある場合もありますが一定の成果物を提出、納品、完成させることを求められます。

ある程度の自身がついてきたらこのような業態の企業を探してみるとよいと思います。

女性エンジニアに見られるつらい面

女性でも男性でも、同じ職場で働くエンジニアやプログラマーたちは、同じ職場環境の中で仕事をこなします。残業が多い職場なら、女性だから早く帰宅できるということはなく、男性社員と同じように残業をこなさなければいけないのは辛い部分かもしれません。

家庭や育児と仕事を両立したい女性エンジニアにとっては、残業が多い企業だと両立が難しいという悩みを抱えることが多いですね。

また、育児や家庭との両立を心配する必要がない独身女性エンジニアでも、残業が続いて食生活が乱れたり、生活習慣が不規則になることで便秘になったり肌が荒れるなど、健康や美容についての悩みを抱えることが多いようです。

職場のハラスメントもまだ存在しています。これはエンジニアに限ったことではありませんが、女性エンジニアが働く職場は男性の割合が高いため、どうしてもそうしたハラスメント的な行動に対して厳しく取り締まる環境にない職場が多いのです。

あからさまなセクシャルハラスメントは多くの男性が気を付けているので少なくなっているものの、パワーハラスメントなどがあったり、飲み会の席で女だからという理由でお酌をさせられるなどのハラスメントも実際に存在しています。これも、女性エンジニアにとっては悩みですね。

女性で未経験からプログラミングスキルを身につける方法

女性で未経験だけどプログラマーとして活躍するためには、まずプログラミングスクールに通ったりオンラインのクラスを受講するなどして、まずはプログラミングスキルを身に着けることが必要です。

具体的にどんな方法かという点ですが、プログラミングに精通していない初心者なら、スクールに通学するのがおすすめです。ある程度の基礎が分かっている人なら、オンラインでクラスを受講する方法でも十分に理解できますが、その場合には分からない点はどこに質問したら良いのかを考えることが必要ですね。

すでにプログラミングについての知識や実務経験があり、これから新しい言語を習得するという場合なら、書籍という方法を選んでも良いですが、未経験者や初心者には書籍はおすすめしません。1ページ目から理解できないという状態に陥りかねませんし、理解できないまま本を閉じて、それ以来開かないということも多いのです。

基本的なスキルと知識がない人は、インタラクティブに学べるWEBのスクール環境がおすすめです。